自分の肌に合うクリーム選び

必ず女性専用のクリームを選ぶこと

脱毛クリームは、ムダ毛を処理したい部位に塗布して10分ほど待って洗い流すだけで自己処理をすることが可能です。手軽にお手入れができるために非常に人気があります。ただ肌が敏感な場合、脱毛クリームの成分をきちんと吟味して選ぶ必要があります。クリームには「チオグリコール酸カルシウム」という成分が主に含まれていますが、この成分にはたんぱく質を溶かす作用があるのです。毛に含まれるたんぱく質を溶かすことでお手入れができますが、肌もたんぱく質なので強い成分だと赤みや炎症などが生じるケースがあります。男性用のクリームの場合、太い剛毛を処理できるように成分が強いことが多いです。したがって、きちんと女性専用のクリームを購入することが大事です。

臭いが気にならないクリームを選ぶこと

脱毛クリームには、アルカリ成分の「チオグリコール酸カルシウム」という成分が配合されています。この成分は毛を溶かす性質がありますが、ツンとした髪の毛のパーマやカラーリング剤のような臭いがすることも特徴的です。つまり、クリームで自己処理をするたびに鼻につくような臭いがするのです。かなりきつい臭いなので、快適に全身のムダ毛のケアをするには香料入りのクリームを選ぶことをおすすめします。香料が含まれていることで、それほどきつい臭いを感じることがありません。昨今では、各社から様々な香料が含まれたクリームが販売されています。したがって、色々とクリームを試してみて、自分好みの香りがするクリームを選ぶと良いでしょう。