カミソリ脱毛のデメリット

皮膚への負担が掛かる

カミソリはお手軽にできるムダ毛処理方法で、普段から実践している人も多いですよね。ただ、簡単だからといって安易にカミソリを用いると、肌を傷めてしまう恐れがあります。目に見えないレベルでダメージが起こっていますので油断をしてしまいがちですが、実際は皮膚表面の角質層を大きく傷付けています。キレイに剃るには何度もストロークを繰り返す必要があり、その度に肌のダメージは増大してしまうでしょう。それに、カミソリでは脱毛ができません。つまりずっと続くお手入れであり、今後もダメージは蓄積していきます。負担が積み重なれば、刺激によってメラニン色素が増えてシミができるリスクがあるほか、乾燥が強まりガサ付きのある肌質になる可能性もはらんでいます。

埋没毛が起こりやすい

カミソリを使うと埋没毛のリスクが高まるのもデメリットでしょう。本来は毛の頭が毛穴から飛び出て生えてくるところ、カミソリでダメージを与えると、角質が厚くなり毛穴に蓋がされます。すると毛穴の中でムダ毛が育つようになり、埋没毛が生じてしまうのです。時には炎症を起こして痛みを伴うことがありますし、医療機関で治療を受けなければいけなくなることもあるでしょう。こうしたトラブルに見舞われないようにするには、基本的にはカミソリの使用を控えることが大切と言えます。剃るという行為を行う以上、ダメージをゼロにすることはできません。どうしてもカミソリを使いたい場合は、シェービングクリームを使う、あるいは蒸しタオルを当てて毛を柔らかくするなどの工夫を講じるようにしましょう。また、お手入れ後はしっかりと保湿をして肌ケアをすることも欠かせません。